連敗しても間違っているとは限らない

FXでスキャルピングをやっていると、5〜7連敗くらいすることは普通にあります。
確率的に考えるととても稀なことなので、そういう連敗が起きてしまうと、「何かやり方が間違っているのではないか?」と考える人もいるでしょう。
確かに、やり方が間違っている場合もありますが、必ずしもそうとは言い切れません。
何故なら、FXのしかも短期売買ということになるとかなり利幅は小さくなるからです。
1回あたりの利益が少ないという意味もありますが、トータルで見た勝率も6割とか、決して高いとは言えないくらいです。
ですから、少しの利益を積み重ねていくことが大切で、1日ごとにはマイナスになってしまうことも少なくないのです。
ですが正しいやり方さえ貫いていれば1ヶ月〜1年と長期間続けた時には必ず収支はプラスになっているはずです。
なので連敗したからといって不安になることはなく、冷静にやり方が正しいのか、それとも間違っているのかを見極める必要があるのです。