ローソク足の見方について

FXのテクニカル分析で、もっとも基本となるチャートがローソク足です。
ローソク足のパターンはいくつかあり、「被せ線」は高値を更新していく中で、引く際に逆に反落していき、最終的には前の陽線の実態に食い込んで陰線で終わる形になります。これは市場が天井を打ったあとで、反落するサインととることができます。「切り込み線」はこれと反対に、相場が下落の基調で安値を更新していく中で、引けにかけて逆に反転上昇し、最終的に前の陰線の実態に食い込む形で陽線で終わったもので、反転上昇のサインと見ることができます。ごく短いローソクのことを、「極線」や「星」といいます。しばらくこの極線が続いたときは、市場がエネルギーをためてどちらかに大きく動き出すサインであると読み取ることができ、順張りでのエントリーを探るチャンスであるととることができます。